アクリルキーホルダーの入稿データの作り方

オリジナル作成できる同人グッズの中でも、アクリルキーホルダーは特に人気の高い商品です。イベント前に急いでグッズを作りたいとき、データの作り方をいろいろ調べながら作成するのは時間がかかります。IllustratorとPhotoshopを使った完全データの作成方法を詳しくまとめましたのでぜひ参考にしてください。
入稿データの作り方

入稿データとは?

そもそも入稿データとはどのようなものなのでしょうか。デザインデータの作成がはじめての人は、入稿の際に使うデータがどんな仕組みになっているのかを理解することから始めることで、よりスムーズにデータの作成ができます。

アクリルキーホルダーの入稿データの仕組み

印刷物の入稿データは基本的に「Adobe Illustrator(以下、Illustrator)」もしくは「Adobe Photoshop(以下、Photoshop)」というアプリケーションを使って作成します。なぜならこれらで作成したデータは画像を劣化させる事なく拡大や縮小することができるからです。

アクリルキーホルダーを含め、アクリル商材のデータは主にアクリル板を切り出す際に使用する『カットラインデータ』、印刷したいイラスト・ロゴなどの『デザインデータ』、デザインが透けないようにする版の『白おさえ(白引き)データ』の3つにわかれています。透明のアクリル板に印刷する際にはこの白おさえ(白引き)データが必要になってきます。更に、これらのデータは別々に印刷作業をするため、レイヤーを分けて作成する必要があります。ちなみに、レイヤーとは、IllustratorやPhotoshopなどに搭載されている機能で、階層という意味があり画像をセル画のページのように重ねることができます。

入稿データの仕組み

白おさえ(白引き)とは?

白おさえ(白引き)とは、カラーインクの下に白のインクを引くことでデザインの発色をよくし、色が透けるのを防ぐ技術のことです。クリアファイルの印刷などにもこの技術が使用されています。 もともと白いアクリル素材に印刷する場合はデザインが透けることはないので、白おさえは不要です。ただし、印刷面の質感を調節する意味合いで白おさえを印刷する場合もあります。「白おさえ」とは言うものの、データ上はわかりやすいようにK100%(黒一色)で作成します。イラストによっては、部分的に白おさえを入れて特定の部分のみ透明感をだすこともできます。

白おさえ(白引き)とは?
左:白おさえあり 右:白おさえなし
白おさえ(白引き)とは?
左:白おさえあり 右:白おさえなし
白おさえ(白引き)とは?
白おさえあり
白おさえ(白引き)とは?
白おさえなし
白おさえ(白引き)とは?
部分的に白おさえを印刷

完全データとは?

よく印刷業者のホームページに書かれている「完全データ」とは、業者側で補正や修正の必要がない、そのまま入稿が可能な完成されたデータのことです。 自分で完全データを作成できれば業者との細かいデータ確認のやりとりを省くことができますし、データ作成依頼料の節約にもなります。

主な対応アプリケーション/保存形式

対応可能なデータ作成用アプリケーションは主にIllustrator(ファイル拡張子は「.ai」)またはPhotoshop(ファイル拡張子は「.psd」)となっています。保存形式は「Illustrator CS4」もしくはそれ以下の形式で保存してください。

IllustratorやPhotoshopなどのアプリケーションを持っていないけれど、自分のデザインで同人グッズを作りたいという人や、自分でのデータ作成が難しいという人に向けて、データ作成サービスを行なっている業者もたくさんあります。白おさえやカットラインの作成程度であれば手頃な価格でサービスを利用できますのでおすすめです。

詳しくは入稿データの作成代行サービスをご覧ください。

印刷デザイン・入稿データ作成時のポイント

デザイン作成や入稿データ作成の際は、気をつけたいポイントが多くあります。ここでは、完全データの作成に必要なポイントを14個、詳しく解説していきます。

レイヤーを分ける(Illustrator・Photoshop)

カットライン、白おさえ(白引き)、デザインデータはそれぞれしっかりレイヤーが別になっている必要があります。弊社のテンプレートでは、「デザイン」または「印刷範囲」と名前がついているレイヤーに印刷したいイラストやロゴマークを入れ、「白おさえ」または「白引き」と名前がついたレイヤーに白おさえのデータを入れてください。
レイヤーを分ける

デザインの境界線をはっきりさせる

印刷したいイラストやロゴの境界線がぼやけていたり、グラデーションのようになっていたりすると、白おさえを作成するときに手間となる場合があります。白おさえは基本的にデザインと重なる形で作成しますが、デザインの境界が曖昧な場合は白おさえの境界を定めることも難しくなります。データを作成する場合はなるべく境界がはっきりしているデータにするとよいでしょう。

デザインは背景を透過して作成・保存する。

入稿する際には、背景からイラストが切り抜きされた状態(背景が透過されている状態)にする必要があります。背景が白以外の色を使用している場合、その部分まで印刷されてしまうからです。例えば左の画像でキャラクターのみを印刷範囲に指定したい場合は、キャラクターを切り抜いて、右の画像のように背景を透過した状態でデータを保存する必要があります。(Photoshopではグレーと白の市松模様は透明を表しています。)

デザインは背景を透過して作成
背景あり
デザインは背景を透過して作成
背景が透過された状態

細かすぎるデザインや細い文字に注意する

小さい文字(特に漢字や明朝体)や0.2mm以下の細い線は印刷できない場合があります。なるべく考慮したデザインを作成しましょう。ちなみにK100%の文字の場合、かなり小さい3ポイント〜4ポイントの文字でも印刷は可能ですが、読みやすい大きさとはいえません。黒以外の場合は、使用する色によっては読めなくなる可能性もあります。小さい文字を入れたい場合でも最低5〜6ポイント以上の大きさに設定すると良いでしょう。ただし、こちらもフォントや色によって文字の読みやすさには差がありますので注意が必要です。

原寸で作成する

作りたいキーホルダーのサイズで入稿してください。指定のサイズと入稿データのサイズが違う場合には、業者側で調整をするため、元のデータと印刷の状態に差がでる可能性があります。なるべく原寸大でデータを入稿するようにしましょう。

画像解像度を350dpi以上に調節する

画像解像度とは画像の密度を表しています。1 インチ(=25.4mm)あたりのdot(点)の数が解像度です。解像度の数値が大きいほど、高精細になります。解像度が十分にない場合は、印刷したときにぼやけてしまいます。印刷に適した解像度は実寸で300dpi~350dpiです。弊社の入稿データは350dpi以上で入稿してください。

カラーモードをCMYKにする

データを印刷する際には、CMYKのカラーモードで印刷します。CMYKはそれぞれ、色料の三原色(シアン・マゼンタ・イエロー)と細部を示すために用いられた印刷板のことであるキー・プレート(ブラック)のことです。あらかじめCMYKモードでデータを作成することで、印刷の際に色味の誤差が少なくなります。RGBカラーは、PCのモニターやデジカメ、スキャナなどの色彩を表現するのに用いられています。光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」で構成されるRGBモードでデータを作ってしまうと、印刷の際に色味にずれが生じる可能性があります。データはなるべくCMYKモードでデータを作成してください。

RGBモード
RGBモード
CMYKモード
CMYKモード

白おさえ(白引き)はK100%(黒一色)で作成する。

白おさえはK100%に設定しておかないと、透明なアクリルに印刷した時にデザインが透けてしまう可能性があります。Kが100%になっているかどうかしっかり確認しましょう。自分で作成が難しい場合は業者に相談することをおすすめします。
白おさえ(白引き)はK100%(黒一色)

白おさえの濃度を調整したい場合

Kの濃度を操作することで透明度を調整することも可能ですが、デザインの見え方に影響するので、データ作成の際に自分で白おさえの濃度を調整したい場合は試作が必要となります。

おもて面
おもて面
裏面
裏面
白おさえ濃度

白押さえは0.1mm分内側に作成する

白おさえのデータは、デザインデータより0.1mm分内側にいれて作成します。なぜなら、白おさえデータはプリンターで印刷した場合に、インクが膨張してはみ出したり、デザインデータとのずれがでたりする場合があるからです。デザインデータから白おさえデータがはみ出してしまった場合、正面から見たときに白いインクの印刷が見えてしまいます。印刷の際は白おさえとカラーデータにズレがでないよう細心の注意を測って印刷していますが、全ての商品をずれなく量産することは困難となっています。そのため、微妙に小さく白おさえデータを作成することで、インクのはみ出しを防ぎます。

おもて面
おもて面
裏面
裏面

画像は埋め込む(Illustrator)

画像が埋め込まれていないと正しくデータが表示されない場合がありますので、画像はリンクではなく、埋め込みをした状態で入稿しましょう。画像を埋め込むことによってIllustratorファイルと画像を一体化できますので、リンク切れ等のトラブルを防ぐことができます。

データ内に文字が入っている場合は文字のアウトライン化をする

アウトライン化とは、文字情報を図形に変換できる機能です。文字をアウトライン化していないと、使用したフォントが印刷業者のソフトウェアにインストールされていなかった場合に、フォントが置き換えられてしまう可能性があります。データ内の文字は必ずアウトライン化してください。

アルファチャンネルは削除する(Photoshop)

画像を正しく表示するため、不要なレイヤー及びアルファチャンネルの情報は削除してください。アルファチャンネルとは、主にPhotoshopでのデジタル画像処理において、透過度の情報を扱うために用意された補助的なデータ領域のことです。

アピアランスの分割をする(Illustrator)

Illustratorでは、オブジェクトの見た目のことを「アピアランス」と呼びます。アピアランスは「線」「塗り」「効果」「不透明度」の4つの要素で構成されており、それぞれの属性を変更しながらデータを作ります。 このアピアランスを分割することによって、見た目のデータを本データに落とし込み、実際に印刷するデータに反映させます。アピアランスの分割をしていないと、データを印刷する際に、デザインの見え方が変わってしまう恐れがあります。

オブジェクトからラスタライズする

ラスタライズとはパス等の複雑なデータ「ベクトルデータ」(座標値と属性情報で表現する画像)を、「ビットマップ画像」(ピクセル(画素))を用いた画像へ変換する処理です。オブジェクトの編集作業はできなくなりますが、データを最適化することにより、印刷時のトラブルの防止となります。

入稿するデータが完全データでない場合は、ラスタライズ後とラスタライズ前の両方のデータがあると、業者側で作業しやすくなるためなお良いです。

データ作成の手順

データの作成をする際、まずなにをすればいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。この項目では、完全データの作成が自分自身でできるよう、手順を追って詳しく解説していきます。

1.サイトからテンプレートをダウンロードする

サイトからテンプレートをダウンロードします。IllustratorまたはPhotoshopを起動してデータの作成を開始します。

2.作成したデザインを配置する

自分の作成したデザインを「デザイン」や「印刷範囲」と名前が付いているレイヤに配置します。そのレイヤーに印刷範囲のガイドラインがある場合には、別レイヤーを作成してデータを配置するか、ガイドラインを削除しましょう。

配置する時はカットラインの幅を確保してデータを置きます。例えば、作りたいキーホルダーの大きさが30mm×30mmの場合はカットラインの幅(1.5mm以上)を考慮して、カットラインの幅分小さめにデザインを配置しましょう。デザインレイヤーに直接イラストを描いてもOKです。弊社があらかじめ用意した定番型でグッズを作成する場合は、配置したデザインを赤い枠で切り抜いてください。(クリッピングマスク)

作成したデザインを配置する
作成したデザインを配置する

3.白おさえつくり

白おさえデータの作成方法はデータの形式や使用アプリケーションによっても変わってきます。それぞれの方法を解説します。

  • パスデータ(Illustrator)
  • パスデータの場合はIllustratorを使って簡単に白おさえの作成ができます。

    デザインデータを白おさえレイヤーに複製します。

    白おさえつくり1

    パスが複数で構成されている場合はパスファインダーから合体を選択してパスを統合します。

    白おさえつくり2

    パスのカラーをK100%に設定し、パスのアウトラインを白に設定します。

    白おさえつくり3

    『ウィンドウ』→『線』→『線の位置』からパスのアウトラインを内側に設定し、幅は0.1mmにします。これで白おさえの完成です。

    白おさえつくり4

    この方法でうまくいかない場合には、パスを合体させてK100%にしてから『オブジェクト』→『パス』→『パスのオフセット』でオフセット幅を『-0.1mm』に設定する方法でも、白おさえを0.1mm縮小させることができます。

  • パス以外のデータ(Photoshop)
  •  
    Photoshopで白おさえを作成する時は、まず画像を滑らかにするためデザインデータの解像度を350dpi以上に変更します。

    レイヤを複製し、片方を白おさえ用のレイヤにします。

    白おさえつくり5

    次にデータの印刷範囲を選択ツールで選択し、その範囲をK100%で塗りつぶします。

    白おさえつくり6

    選択範囲の縮小機能を使って0.1mm分範囲を縮小させます。正確な選択範囲を指定するには、『選択とマスク』や、『ものさしツール』で幅や細部を調整しながらやるのがおすすめです。

    白おさえつくり7

    更に選択範囲の反転機能で選択範囲を反転させます。

    白おさえつくり8

    そのまま選択されている範囲を削除すれば白おさえの完成です。

    白おさえつくり9

    ただし、Photoshopは主にpxの単位が使用されているため、0.1mmを正確に縮小させるのは手間がかかります。難しい時には、イラストレーターで作成するか、業者のサービスを利用しましょう。

  • ペンツールでパスデータを作成(Illustrator・Photoshop)
  • ペンツールでデザインの縁にそって描き、印刷範囲と同じ形のデータをつくってK100にする方法です。ペンツールはIllustratorとPhotoshopのどちらにもある機能です。ペンツールでパスを作成したのち、Illustratorの場合はデータをK100%に設定し、先ほどと同様に『ウィンドウ』→『線』→『線の位置』からパスの線を内側に設定し、白で0.1mmの縁取りをします。Photoshopでも先ほど同様の手順でパスをk100%で塗りつぶしたのちに、0.1mm分アウトラインを削除すれば完成です。

    白おさえつくり10
    Illustrator
    白おさえつくり11
    Photoshop

    Illustrator・Photoshopを所持しておらず、自身での白おさえ作成が難しい場合はデータ作成代行サービスをお使いください。

4.カットラインつくり(Illustrator)

カットライン作成の際は、主に二つの段階に分けられます。アプリケーションごとの違いも含めて説明します。

  • カットラインの作成
  • カットラインは、ペンツールでデザインから1.5mm以上外側に形を作っていきます。Illustratorのパスデータの場合、ペンツールを使う以外にも、パスのオフセットを1.5mmに設定する方法で、簡単にラインを作成できます。Photoshopでカットラインを作成する場合は、必ずパスのデータで作成するようにしてください。
    カットラインの作成
    カットラインは複雑にしすぎると完成したアクリルキーホルダーが割れやすくなる可能性があります。また、あまりに角が尖っていると怪我をする恐れがあり危険です。アクキーの強度と安全性をあげるため、カットラインはなるべくなめらかに作りましょう。Illustratorではスムースツールを使うと簡単にラインをなめらかに調整できます。
    カットラインの作成

  • 吊り下げ穴をつける
  • 吊り下げ穴は、キーホルダーやボールチェーンなどの先端パーツを通すための穴です。弊社の吊り下げ穴は穴の外側が直径8mm、内側が直径4mmです。こちらもアプリケーションごとに作成方法を説明します。

Illustratorを使用する場合、まず楕円形ツールをつかって直径8mm、4mmの円をそれぞれ作成し、整列ツールで円の中心に円を配置します。両方の円を選択した状態でパスファインダーツールの『中マド』を選択することで、ドーナツ型のような円の真ん中がくり抜かれた形になります。この吊り下げ穴を先ほど作成したカットラインと組み合わせて、さらにパスファインダーの『合体』をすれば、吊り下げ穴つきのカットラインの完成です。
吊り下げ穴
PhotoshopでもIllustrator同様、楕円形ツールを使って8mm、4mmの円を作成し、シェイプを結合します。ここでも、円のパスを整列させて中心をそろえてから、お好みの位置に吊り下げ穴を移動させます。弊社のPhotoshopテンプレートにはあらかじめ吊り下げ穴の作業用パスが入っていますので、そちらを使用してください。

カットラインでクリッピングマスクをする

最後に、デザインデータと白おさえデータを、カットラインでクリッピングマスクします。クリッピングマスクをかけておくことで、データの修正や印刷の際に、それぞれのデータがずれてしまうことがなくなります。

完成・入稿する

データが完成したら、『デザイン作成時のポイント』のチェックポイントをクリアできているかチェックして保存します。印刷業者の指示に従ってデータを入稿しましょう。

まとめ

このアクリルキーホルダーのデータ作成方法は、アクリルグッズ全般のデータ作成に応用できます。IllustratorやPhotoshopは機能が充実していて入稿データの作成に役立つ分、初心者には慣れるまでツールを使いこなすのが難しい面もあります。いざデータ入稿しようという時に慌てずにすむよう、ぜひこのページで手順をチェックしてみてください。

関連商品